So-net無料ブログ作成
書籍・雑誌 ブログトップ

映画好きじゃなくても楽しい映画評論本「ザ・シネマハスラー」 [書籍・雑誌]

このブログを読んでいるみなさん、映画を見るのは好きですか?そうでない方もこの映画評論本「ザ・シネマハスラー」を読めば、映画の楽しみがわかったり、興味がわいたりするかもしれせんよ!実際私はこれで、映画をなるべくたくさん見るようにしたいと思うようになりました。



さて、「ザ・シネマハスラー」。この本に書かれている映画評論はもともと、TBSラジオの人気番組「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」で現在も継続中の、ライムスター宇多丸による映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー」をまとめたものです。収録されているのは2008年4月にスタートした1回目から2009年4月の50回目までの内容。ラジオでオンエアされた音声をただテキストにおこすのではなく、要所を凝縮したり、注釈を随所に加えたり、とても丁寧で読みやすいものになっています。



「ザ・シネマハスラー」で取り扱われている映画は、完全にノンジャンル。というのも、パーソナリティの宇多丸が放送中にサイコロを振って出た目に応じて評論する映画が決まるからなんです。なので、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のような名作もあれば、「カンフーくん」のような迷作もあります。しかも、原則としてどんな作品でも「オススメです!」で締めるのがルールという、ある意味とんでもない企画。



読みどころはやはり、アイドル評論「マブ論 CLASSICS」でも見せてくれた、宇多丸のスキのない、筋の通った語り口でしょう。TSUTAYAに行けば置いてあるDVDのほとんどは見ているんじゃないかと思わせるほど、映画評論家も顔負けの豊富な知識と経験があるからこそ可能な、映画的表現に対する鋭い指摘は説得力十分。特に最近のTV局主導型の映画に多々見られる「なんとなくよさげ」なシーンを並べて観客に感動を無理強いするような作品を、完璧といっていい理論のもとにブッた斬る流れは痛快そのものです。



もちろん、映画を見てから読めば、さらに楽しめること間違いなし。また、ラジオのオンエア版は、番組公式サイトでMP3ファイルになってアーカイブされているので、あわせて聴くのもオススメです!





「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」公式HP内「ザ・シネマハスラー」を聴くならコチラへ!



http://www.tbsradio.jp/utamaru/cinema/index.html



「ザ・シネマハスラー」を詳しくチェック!








書籍・雑誌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。